Q.同じ位牌が2つあるので1つにしたい


A.亡き人の位牌が訳あって2つ或いは複数あることがあり、それは例えば亡き人の子供達が別々の所に住んでいて、同じ位牌をそれぞれ1つずつお祀りしているようなことも実際にあります。

お位牌は通常は喪主或いは後継者の方が仏壇と共に持つことが通例で、1つだけあるのが一般的ですが、複数あることは悪いことではありません。

むしろ複数のお位牌があるということは、それだけ慕っている人が居るということであり、大変に素晴らしいことなのですが、年月の経過と共に忘れてしまって結果的に粗末になるようでしたらいけません。

位牌は亡き人が天から降りてくる依り代となるのですが、亡き人の魂は複数の位牌に降りて来ることが出来ますので、位牌はいくつあっても構わないのですが、埃を被って粗末になっているような位牌では、亡き人を悲しませるだけです。

訳あって作った位牌を1つにしたい時にはお焚き上げ供養を利用してください。亡き人が降りて来る依り代が2か所から1ヵ所になるだけですけど、お焚き上げ供養することによって亡き人に感謝の気持ちを手向けた上で、了解を得るのです。


お焚き上げの質疑応答エンター