位牌とは

位牌とは

位牌とは亡き人の戒名を書いて祀る木の札の事で、中国の儒教にルーツがあると言われています。儒教では故人の生前の位官や姓名を書いて祀るという習慣があり、日本には宋代に禅僧が中国から伝えたとされるが、庶民に一般化するのは江戸時代以降になります。

我が国では江戸時代の檀家制度によって国民が寺院の檀家となり、死者の供養をすると共に、檀家の管理をする役所のような機能を果たしていたので、死者に戒名を付けたり、位牌を作ったりということが広く行われるようになりました。

位牌の種類

位牌の名前の由来

位牌には実に様々な形があり、それぞれに猫丸、春日などの固有な名前が付いているのですが、これは位牌の形や、位牌を作っている産地による特有の名前が位牌の呼び方になった訳であり、位牌の形で亡き人の人柄を示すとも言われていますが、実際にはそこまで考えて位牌を選んでいる人はほとんどいません。

位牌の材質

位牌は木で出来ていることがほとんどですが、最も一般的な位牌としては黒塗りで金縁の「塗り位牌」と呼ばれるものが最も一般的です。塗り位牌は木の木目が見えることはありませんが、他には硬くて重たい木で木目が見える黒檀や紫檀も人気があります。

近年ではモダンな位牌としてガラスで出来た位牌や石、ステンレスの位牌なども登場していますが、位牌が霊の依り代であることを考えますと、少なくともガラスやステンレスでは位牌として機能しないということになります。

位牌の材質

位牌は霊の依り代である

信士、信女の位牌

位牌は亡き人の名前や戒名、没年月日、享年などを書いて亡き人を祀るためのものですが、「依り代」といいまして、亡き人の霊が天から降りて来る目印であり、霊が降りてきた場合のご神体ともなるべきものです。

令が降りて来る依り代には昔から木や石、山など自然にある物に降りてきて、木の場合にはご神木、石の場合には磐座、山の場合には霊山として崇められてきました。

私達の祖先は自然の中に神が宿る、自然崇拝、アニミズムを継承していて、自然は私達に食べ物や衣服などの恩恵をくれるとと共に、時には猛威を振るって私達を苦しめることもあるのです。

そういった自然を恐れると共に自然に感謝するというその魂が今の私達に確実に受け継がれているのです。

亡き人に対しても地上に出てきて悪さをしないように、そして魂が安らかあるようにとの思いは太古の昔から引き継がれてきた観念なのです。

そういう意味で位牌は亡き人の供養をしたり、対話をしたり、対面したりと亡き人とのコミュニケーションをとるための大切なものであり、私達はそういう観念を自然と受け入れることが出来るのです。

位牌の開眼供養

位牌-開眼供養

位牌は亡き人の霊が降りて来る依り代ですが、位牌に名前や戒名を彫っただけでは依り代として機能していません、「開眼供養」してこそその機能がスタートできるのです。

霊が降りて来るとか、魂を入れるなんていうことは本来、仏教の僧侶が行うことではありません、お釈迦様は霊など無いと言っておられます、こういった事情が分からずに開眼供養している僧侶がほとんどだと思いますが、日本の僧侶は時には道教や儒教、神道の仕事もこなさないといけないのです。

日本の仏教は純粋な仏教ではありません、私達が民族として古来から受け継がれてきている信仰も採り入れられているのです。

位牌や戒名などを無理して仏教的な思想にしようとしても所詮無理なことなのです。