縁談の破談

好きになった人と一生一緒に暮らしたいと思って結婚式まで準備したのに、あと少しの所で破談したらもうショックでお先真っ暗、何も出来なくなってしまいます。

破談で得られる物もある

人と人とのご縁というものは、付いては離れを繰り返し、これ以上のご縁は無いと思って信じていても、最後の最後で破談になったりするものです。

ダメなものはダメで、良い勉強をさせて頂いたと思って新たなスタートを切ることが賢明です。いつまでも未練の気持ちを引きずっていてはいけません。縁談というものは、相手の外見ばかりではなくて、心の内面を見なくてはいけません、真に信頼できる人を探す旅に出るのです、必ずそういう人がいると信じて、そして自分自身も人を裏切らない、心で接する訓練をするのです。

破談したらすぐに厄払い

縁談が破談するような人は何をやってもうまくいかなくなってしまいます。

それは精神的に受けたダメージが後を引く事によって運気が下降するのです。

自分が厄年であるかどうかもチェックしてみて下さい、意外と八方塞の人が居るもので、八方塞の時には何をしてもうまくいかないものです。

こういう時に厄払いをしていますと、強い神様に付いてもらうこと、そして魔を寄せ付けないことできっと違う展開になったはずです。

神様が付いているのに破断したという人は、それは止めておきなさいということなのです。

破断してもう人が信じられなくなったという人はせめて神様だけでも信じていましょう。

御縁というものは神様が与えてくれるもので、自分で掴んだ物ではないのです。

一度試しにやってみますか…高野山真言宗やすらか庵の厄払い祈願

続々と嬉しい結果が届いていますよ、本当に。

御縁は自らが努力した結果として頂くものですから、御縁ばかりを当てにして神様にお願いし続けても聞いてはくれません、自分を磨くことと、他のために奉仕することの結果として与えて頂くものです。

嫌な思いでは一刻も早く消し去る

嫌な思いでは一刻も早く消し去ることです。

頂いた物、思い出の品は全部ゴミに出すこと、人の気持ちだからそれが出来ないという人はお焚き上げ供養を利用してさっさと天にお還ししましょう。

またいつまでも過去の思い出ばかりに拘ってはいけません、強い執着心は新しいことを始めることを妨げてしまいます。

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ

高野山真言宗やすらか庵では縁談で破談になった方のためにお焚き上げをしていますが、お焚き上げの際には開運の祈願もしています。

この際、相手から貰った物や思い出の品物や一緒に撮った写真などは思い切ってお焚き上げに出しましょう、運が上昇するよう、お祓いさせて頂きます、心が軽くなるはずです。


お焚き上げの質疑応答エンター