Q.縁談が破談になったので、お焚き上げをして忘れたい


A.人と人とのご縁というものは、付いては離れを繰り返し、これ以上のご縁は無いと思って信じていても、最後の最後で破談になったりするものです。

ダメなものはダメで、良い勉強をさせて頂いたと思って新たなスタートを切ることが賢明です。いつまでも未練の気持ちを引きずっていてはいけません。縁談というものは、相手の外見ばかりではなくて、心の内面を見なくてはいけません、真に信頼できる人を探す旅に出るのです、必ずそういう人がいると信じて、そして自分自身も人を裏切らない、心で接する訓練をするのです。

御縁は自らが努力した結果として頂くものですから、御縁ばかりを当てにして神様にお願いし続けても聞いてはくれません、自分を磨くことと、他のために奉仕することの結果として与えて頂くものです。

またいつまでも過去の思い出ばかりに拘ってはいけません、強い執着心は新しいことを始めることを妨げてしまいます。

この際、相手から貰った物や思い出の品物や一緒に撮った写真などは思い切ってお焚き上げに出しましょう、運が上昇するよう、お祓いさせて頂きます、心が軽くなるはずです。


お焚き上げの質疑応答エンター


前 人形供養もしてくれますかエンター

次 やすらか庵に直接持って行ってもいいですかエンター