Q.戒名は絶対に必要ですか


A.戒名はそもそも仏門に入門して釈迦の弟子として新しい人生を送るという意味で付けられる名前のことで、本来は生きている内に仏道に励むことが目的です。しかし我が国では亡くなってから僧侶に付けてもらうものという捉え方をさけているようですが、亡くなって仏の世界に生まれ変わって仏の弟子になるという解釈なのです。

仏式の葬儀の時にはほとんどの場合戒名を付けますが、故人の希望であったり、金銭的な問題などの理由で戒名を付けずに俗名(生前中の名前の事)で葬儀を営むこともあります。

戒名が付いたから極楽に行けるとか、戒名が無ければ地獄に堕ちるとかいうことは絶対にありません。戒名の有無やランクの上下により亡き人の行先が変わるようなことは決してありません。

そういう意味では戒名は絶対に必要なものではありませんが、お墓がある方は墓誌に刻まれますので、ご先祖様と並ぶようでしたら、どうしても比較されてしまうことになりますし、葬儀に於いては人並みにという意識が働きますので、そういったことに対して何も執着しないという方であればよろしいかと思います。

また位牌を作るような場合には、亡き人の魂を入れて身代わりのように大切にするものです。礼拝の対象になるものですし、ご先祖様として仏様の横にお祀りするようなものですので、高級な戒名では無くても、それなりに威厳が保てる位牌になるものでございます。

高野山真言宗やすらか庵では戒名授与、位牌制作、開眼供養、送料込みで3万円という企画を準備しておりますのでどうぞご利用くださいませ。


位牌、戒名についての質疑応答エンター


前 エンター

次 位牌は開眼供養が必要ですかエンター