Q.多数の位牌を1まとめにするには


A.旧家と言われる家では仏壇の中にご先祖様の位牌がたくさん並べてあって、仏壇の前で手を合わせ、静かに見上げてみますと、多くのご先祖様の声が聞こえてきそうです。

古いお位牌がたくさんある仏壇は、お掃除するにも大変です。全部取り出してから拭き掃除するのですが、特に古い位牌ですと、持った時に外れたり、壊れたりして、申し訳ない気持ちになりますし、ぐらついた位牌は壊れるのではないかと思うと、あまり触りたくないというのが本音だと思います。

そしてこのような古いお位牌は、大抵は50年以上過ぎたものが多く、法事をすることも無いのですが、たくさんあるということは、それだけ多くのご先祖様から見守られているということで良いことなのですが、増え続けるということは、狭い仏壇の中で置く場所にも困るようになってきます。

多数のお位牌を1つにまとめるのにとても良い方法があります。

それは、回出(くりだし)位牌にする方法と、過去帳位牌にする方法です。

回出(くりだし)位牌とは普通の位牌より厚みがあり、中が空洞になっていて、蓋を取り外せば故人様の戒名などを書いた板が9枚入るようになっています。表には○○家先祖代々之霊位のように彫ってもらいます。9柱までのご先祖様に対応出来ます。

回出位牌-通常のお祀り

過去帳位牌も普通の位牌より厚みがあり、中が空洞になっていて、蓋を取り外せば過去帳と言われる帳面が入っていて、亡き人の戒名などを数多く書けるようになっています。10柱以上のご先祖様に対応出来ます。

過去帳-位牌

いずれの場合も新しいお位牌を作ったら、古いお位牌を抜魂供養して新しい位牌を開眼供養し、古いお位牌はお焚き上げ供養して完了いたします。

高野山真言宗やすらか庵では戒名付き位牌の他に、たくさんのお位牌を回出位牌や過去帳位牌にしたりすることも承っていますので、どうぞご利用くださいませ。


位牌、戒名についての質疑応答エンター


前 戒名は自分で付けてもいいですかエンター

次 位牌は仏壇にお祀りしないといけませんかエンター