Q.亡くなった人の衣服もお焚き上げできますか


A.良くなることを願い闘病された方、そしてご家族の方にとっては、亡くなってしまったことはとても辛いことでございます。家族の方にとっては、良くなったら来て欲しいという気持ち、或いはなるべく楽な着心地の衣服をという気持ちでで購入された衣服も、ついに使われぬままという悲しい結末になったことは、とても残念なことです。

しかし、こういった衣服は、その人の為を思って買ったものであり、亡くなって使う人がいなくなったからと言って、他の人に差し上げるものではありません。特別な気持ちが籠っていることと、そしてもったいという理由で捨てることができないのです。そのお気持ちの浄化と天に届けるという意味で、お焚き上げ供養をおすすめいたします。

お焚き上げ供養は亡き人に対して生前中に準備していた物を届けることが出来ますし、何よりも物を届けるだけでなく、心を届ける事が出来るのです。

暑い夏の時には気が付かなかったけれど、冬に差し掛かって寒くなって来れば、お気に入りのセーターを届けて差し上げ、せっかく準備していたのにとうとう着る機会が無かった服なども届けて差し上げましょう。

使わなかったものを何時まで取っておいても悲しみが深まるばかりで、届けて差し上げる事が出来ません。

こういう時にこそお焚き上げ供養を利用して頂きたいと思います、高野山真言宗やすらか庵ならこのような特別な気持ちの入ったお焚き上げ供養も安心して依頼出来ます。


お焚き上げの質疑応答エンター


前 やすらか庵に直接持って行ってもいいですかエンター

次 千羽鶴はお焚き上げしてもらえますかエンター