お焚き上げ-投入

遺品整理とは

大切な人の死は辛いもので、長年連れ添った仲の良い夫婦であっても必ずどちらかが先に亡くなって、どちらかが残されるという運命にあるのです。後に残された者は先に行った者のお片付けをするのが世の常で、私達の身の回りの物は、増えては減り増えては減りを繰り返し、一生を掛けてお片付けをした上で、最後には身内の者にお片付けをしてもらうということになるのです。

亡き人の残した身の回りの物を片付けることほ遺品整理と言い、場合によっては家一軒分の処分と言うことも良くある話で、処分する量が多い時には一昔前は便利屋さんが片付けていたものですが、近年は遺品整理の専門業者も増えて参りました。

遺品整理は誰がする

遺品整理は主に後継者または葬儀の喪主に当たる人の仕事になります。また、親子、家族など皆で協力して行うべきことでもあります。重たいものを運んだり、解体したりと遺品整理はとにかく大変な仕事ですので、故人の供養の奉仕の気持ちで参加してみてください。

形見分け

亡き人の遺品は亡き人の遺言があれば分配し、遺言無きもので価値あるものは、皆の了解の元形見分けということも可能です。お金に変えられるものは変えるという方法もあります。

不用品は処分

故人の身の回りの物で故人が日常的に使っていた日用品や消耗品の類及び残しておいても誰も使わないような物は思い切って処分しましょう。量が多い時には業者に依頼するという方法もあります。

遺品整理でお焚き上げ

葬儀の時に使ったものや神棚や仏壇、御札やお守り、思い出の写真などのどうしても捨てることが出来ない物はお焚き上げ供養してもらいましょう。

神棚、仏壇、四十九日の祭壇

 

四十九日の祭壇

四十九日の祭壇は亡き人のために急ごしらえで準備した物であり、一度使用したらもう他の用途には使えません、大抵は葬儀社が引き取ってくれますが、いつまでも家にあるような場合にはお焚き上げ供養してもらいましょう。

また神棚、仏壇は後継者の方が引き継ぐべきものですが、後継者が居ない、或いは訳あって引き継ぐことが出来ないなどの場合にはお焚き上げ供養してもらいましょう

位牌

 

位牌

仏壇はお焚き上げ供養しても位牌だけをお祀りすることも可能ですので、出来るだけお祀りして頂ければ亡き人も守ってくださいますが、血縁が薄い、直接に関係無いなどの場合には、仏壇と共にお焚き上げ供養ということになります。

また葬儀の時に使った白木の位牌は、戒名を頂かなかったり、塗りの本格的な位牌を作るつもりがなければお焚き上げ供養してもらいましょう。

写真、アルバム

葬儀の時の写真

葬儀の時に使った写真は大急ぎで準備した写真なので、お気に入りの写真ではないことが多く、また特別に大きいのでもう使わないという方が多いものです。

思いでの詰まった写真は、忘れていた過去を思い出させてくれます。アルバムのページをめくるたびに、今は亡き人と一緒にこんなこともあったなあと思い出話に花が咲く、意外に楽しいひと時を提供してくれるものです。

しかしまたこの大量のアルバムを保管しておいても、もう見ることはないものです。写真を広げて思い出話に花を咲かせることが亡き人に対する供養であり、思い出話をしたことで写真の役目は終わったと見るべきです。

本当に大切な写真を数枚残してあとは思い切ってお焚き上げ供養してもらいましょう。

故人にとって価値がある物

故人様にとって価値のある物

形見分けでは誰も頂かなかったけれど、勲章やトロフィー、眼鏡や時計、カバン、洋服など、故人様に届けて差し上げたいと思う物もお焚き上げ供養で故人様に届ける事が可能です。

物を届けるというよりは、人の気持ちを届けるということで、あの世の世界の故人様に届けて差し上げたら喜んでくれるだろうな、というものを届けて差し上げるのが供養なのです。