写真の額

写真の額縁

お葬式の時には大きい額縁に入った遺影を葬儀社が準備しますが、不要になったら写真と額縁は燃えるごみとして、ガラスは不燃ごみとして処分出来ます。

故人の写真で葬儀に使った物ですし、リボンが付いていて捨てるに忍びない場合には、お焚き上げ供養を利用すれば天に還すことが出来て粗末になることがありません。

遺影は何時まで

遺影

お葬式の時に使われた写真は四十九日を過ぎましたら白黒のリボンを外して、古い家でしたら居間の壁の上の方に古いご先祖からの順番で飾っているものですが、最近では居間にご先祖様の写真がずらりと並べてあるようなことは滅多にありません。

またお葬式の時に使った写真は急ごしらえで作った物が多く、随分と昔に撮影した写真であったり、集合写真の中の切り取りを拡大したのでピンボケになっていることがあり、あまりお気に入りの写真ではないというのが本音のようです。

お葬式の時に作る遺影は大小二つという事が通例でありますので、大きな額縁に入った写真はお焚き上げ供養に出して、大抵はもう一つ小さい写真を準備していますので、そちらの方を残して祭壇に飾れば良いと思います。

亡き人の思い出の写真

また亡き人の写真を仏壇などに飾っている方がおられますが、あまりに古くなったような場合にはお焚き上げ供養に出せば随分とスッキリします。

写真と位牌がありましたら、位牌の方が礼拝の対象であり、写真は面影を思い出すためのものです。

思い出の写真が不要になった時

付き合っている人や大切な人の写真を机の上に飾っている人は多いと思いますが、別れた後でも以前に付き合っていた人の写真を大切に飾っていますと、次のお付き合いに支障が生じることがあります。

つまらぬことで喧嘩にならないように、こういった物はお別れした時点で速やかに全部処分するべき物であり、どうしても処分できなければお焚き上げ供養を利用すれば気持ちの清算が出来ます。

遺影が不要になった時

遺影は不要になったら写真と額縁は燃えるごみとして、ガラスは不燃ごみとして処分出来ます。

しかしながら少なくともお葬式の場で使ったものである以上、そして故人の遺影が写った物である以上、捨てるということに抵抗を感じる人は多いものです。

お焚き上げ供養品の写真の額縁はそのままで構いません、お葬式の時に使われた額入りの写真では、白黒のリボンが画鋲で止められていたりしますが、そういったものもそのままで構いません。

リボンが付いていたり画鋲が付いていても結構です。

お焚き上げに出す時には

お焚き上げの写真

ガラスは不燃物でございます、お焚き上げの火に溶けてなくなるようなことはありませんし、割れるとお片付けの時に危険ですので、お焚き上げ供養の火に入れるようなことはいたしません。

実際のお焚き上げ供養の時には予めガラスを取り外してから写真とフレームのみお焚き上げ供養いたします。

但し、宅配便で送る時には、エアーパッキンなどの緩衝材を巻くか、布で包むなどの措置をしてください。他の物に当たらないように、当たっても割れないようにだけは注意してください。そして必ず割れ物注意のシールを貼ってもらってくださいませ。


お焚き上げの質疑応答エンター