Q.戒名付き位牌に文字のリクエストは出来ますか


A.戒名というものは一般的に師僧が仏門に入った弟子に付けるものであり、弟子の立場としては師僧にリクエストするようなことは絶対にありません。

一般的な寺院の戒名の場合でも住職が決める戒名に対しては、ただ有難く受けるしかなく、たとえ気に入らない文字が入っていても、難解な文字が入っていても変えて欲しいとは言えないものです。

付けられた戒名にしても皆の前で説明してくれれば納得出来るものを、説明すら無いということもあるのです。

このようにしてつけられた戒名に違和感を感じる方も多く、出来上がった位牌に彫られた戒名を見ても亡き人の姿が思い浮かばないということは、親しみが湧かないということであり、住職か一方的に付けたり、何の説明も無かったりなどのことが重なって信仰心までが失せているのです。

高野山真言宗やすらか庵では戒名付き位牌で戒名を付ける時には、まず亡き人の性格や趣味、特技などを聞いた上でお付けしますし、もちろん文字に関するご要望も聞いた上で戒名の原案を提示します。

この段階でOKならば位牌の制作に取り掛かりますし、まだ何かご要望があれば再度提案致します。

このようにして出来た位牌は一生の宝物となり、いつまでも大切な位牌となること間違いありません。


戒名付き位牌の質疑応答エンター


前 戒名付き位牌の相談はエンター

次 戒名だけすぐに知らせて欲しいエンター