金剛夜叉明王とは

金剛夜叉明王

金剛夜叉明王とは密教独自の有力な大日如来の化身としての不動明王を中心とした五大明王の中では北方を守護し、不空成就如来の教令輪身とされる忿怒尊です。

金剛夜叉明王の由来

金剛夜叉明王は梵名はvajrayakṣa(ヴァジュラヤクシャ)であり、ヴァジュラとは金剛杵と言う法具のことで、インドの神話では神々の武器であったものを、煩悩を滅ぼすための法具に発展したもので、、金剛夜叉明王は「如何なる障害をも貫く聖なる力を持つ神」ということになります。

金剛夜叉明王の「夜叉」とは、人を襲っては喰らう恐るべき魔神であり、悪事を尽くして人々の畏怖の対象であったものが、後に大日如来に調伏されることにより、仏教の守護神五大明王に入ることになりました。

金剛夜叉明王の姿と形

金剛夜叉明王

 

金剛夜叉明王の特徴としては

  • 三面六臂(顔3つで腕6本)
  • 正面の顔の目は5つ
  • 忿怒の表情
  • 仏法守護の武器として左の手には金剛鈴、弓、輪宝を持つ
  • 仏法守護の武器として右の手には五鈷杵、矢、剣を持つ
  • 踏割蓮華(ふみわりれんげ)という二つの蓮華座に足を乗せて立つ
  • 火焔光背(かえんこうはい)を後ろに背負う
  • 青や緑の体の色

金剛夜叉明王の功徳

仏教に帰依した金剛夜叉明王は行いを改めて、悪人だけを捕らえて喰うようになったことから、悪を喰らい善を護る神として崇められるようになり、我が国では戦勝祈願の仏として信仰されました。

金剛夜叉明王の真言

勝負に負けられない時や、悪の誘惑に負けそうな時に唱えれば効果があります。

唱える回数は7回、21回、108回、千回などです。

金剛夜叉明王の真言は

  • オンバザラヤキシャウン