高野山真言宗 やすらか庵

やすらか庵

やすらか庵は高野山真言宗大師教会金剛支部として活動しています。

「生かせいのち~ありがとうの心を大切に~」

私達は決して一人で生きている訳ではありません、友人、家族、社会と

係って生きています、多くの人の係わりがあってこそ世の中であって、

この世で私達は生きているのではなくて、生かされているのです。

また、一人一人が縁あって生まれ、

このご縁の捉え方で不幸にも幸せにもなるのです。

真の幸せは自分自身から生まれるものではなく、

他を幸せにすることによって、その結果として自分も幸せになれるのです。

身近なところでは親は子の幸せを願い、子も親の幸せを願う、

それが家族の幸せなのです。

神仏は民の幸せを願い、ご先祖は子孫の幸せを願い、家族はお互いの幸せを願う、

その大きな気持ちを受け止めて、感謝の気持ちで生きることこそ

今の時代、忘れかけている大切な日本人の心ではないでしょうか。

感謝の言葉「ありがとう」この一言がどんなに心を豊かにすることでしょう。

皆様との出会いに感謝、ありがとう。

アジサイ ユリ やすらか庵 花

やすらか庵では季節の花々もやさしくお迎えいたします。

やすらか庵 花2 チューリップ 八重桜

花は仏、見る人を和ませるために全力で咲き誇ります。

やすらか庵の活動

やすらか庵の活動

困った方の救済、そして苦しみを幸せに変えるのが私たちの仕事です、

真の救済のためには何処にでも行き、何でもする覚悟です。

苦しみから解放されたあなたの笑顔が見たいからです。

悩み、苦しみという目に見えない肩の荷を降ろしてみて下さい、

目に見えないものの大切さが分かり、目に見える絆を大事にするようになります。

神、仏、ご先祖様は目に見えないからいないと言ってしまえばおしまいです、

神仏は信じなくとも、親から受けた恩は、たとえ亡き後でも感じるものです。

人間、年を重ねるごとに受けたご恩を痛感するようになり、

不思議と自分の欲がなくなり、他の幸せを願う心が目覚めてきます。

目に見えないものを分かりやすく説明するのが宗教の役目ではないでしょうか。

仏事、人生相談は無料です

蓮の花

いざ仏事やお葬式を行う当事者になってみると、分からないことだらけで、

周りの人の意見に振り回されてしまいます。また、学校、職場、友人、家族

などの人間関係で悩みを抱え、失望して人間不信になってしまうと、

生きる希望さえ無くすこともあるものです。

しかし、その苦しみがあるからこそ、苦しみを元にして新たな幸せが生まれます。

何もかも満たされてしまった人は、幸せを感じることはありません。

今のあなたが変わらないと幸せは見えてきません、

人に変わってもらおうとしても無駄なこと、

自分が変われば真の幸せが見えてくるのです。

一人で悩んでいても解決しません、しかし相談するにしても

真に相手のことを考えてくれる人に相談しないと解決しません。

利害関係があってはいけません、損得勘定をしてもいけません、

一人でも多くの方が幸せであるよう、願っております。

お気軽に無料電話相談をご利用ください。

代表清野徹昭がどんなことでもお答えいたします。

無料電話相談043-228-1480

年会費、寄付金、勧誘などは一切なし

寄付金なし

NPO法人やすらか庵の理事長を兼務している関係で、

お寺の檀家を離れたいという相談をよく受けます。理由は、

  • 寄付ばかり要求される
  • 生活態度を見ていると、僧侶が尊敬できない
  • 相談に行っても一方的な意見を押し付けられる
  • お布施が高額すぎる
  • 檀家であっても心の平安などの得られるものが何もない

などの理由からです、僧侶たるもの今まさに、真に民の幸せを願う姿が必要なのです。

やすらか庵では、檀家制度はありません、年会費、寄付金、勧誘なども

一切行いません、お布施や寄付金は、本当に良かったと思う方が、

次なる救済のお手伝いのためにと供えられるべきものです。

気持ちを形にしたものがお金であり、使って初めて価値のあるもの、

命とお金と時間は、自分のために使ってもよいですが、自己満足でおしまい、

本来は、他の幸せのために使うものなのです。

法事・葬儀

法事

法事、葬儀のご案内

法事はやすらか庵に来て頂くか、

東京、埼玉、千葉、茨城のご自宅にお伺いいたします。

必要でしたら全国どこにでも出かけます。

読経の前後には皆様の役に立つ分かりやすい法話をいたします。

回忌ごとにご遺族の気持ちを亡き人に届けることと、

亡き人から守って頂けるよう、ご祈念させて頂きます。

宗派にこだわらない形式でも対応いたします。

葬儀は東京、埼玉、千葉、茨城にお伺いいたします。

必要でしたら全国どこにでも出かけます。

枕経、通夜、告別式、初七日までお伺いし、戒名は信士、信女は

無料でお付けいたします。

亡き人の供養と迷わぬ旅立ちを祈念し、

ご遺族の悲しみが少しでも和らぐことが最大の目的です。

墓前読経

墓前読経

墓前読経のご案内

納骨、開眼、閉眼などの各種供養に対応いたします。

東京、埼玉、千葉、茨城にお伺いいたします。

必要でしたら全国どこにでも出かけます。

墓石は故人が降りてくる拠り代であり、

魂を入れたり出したりすることは仏教本来の教えではありませんが、

納骨、開眼、閉眼などの目的に合った所作はあるもので、

先祖に感謝しつつ、私達が生きている限り守って頂けます様ご祈念いたします。

読経の後に、役に立つ法話をしますので、とても分かりやすいと好評です。

戒名付位牌

位牌1 位牌2 位牌3
蓮華付春日    黒檀     紫檀

戒名付き位牌のご案内

戒名は仏門に入る方が気軽にもらえるものであるべきです、

位牌はもっと親しみが持てるものであるべきです。

いくら立派な戒名をもらって立派な位牌を作ったところで、

何もしないのであれば、最初から作らないことです。

作るのでしたら、死ぬまで大切にしましょう。

戒名が必要で、大切にしてくださる方への企画でございます。

信士、信女の戒名を付けて3寸の位牌を作り、開眼供養をした後に

宅配便でお送りいたします。

戒名の証書もお付けいたします。

戒名証書

蓮華付春日、黒檀、紫檀からお好きなものをお選びください。

戒名は故人様の趣味や性格、ご家族のご要望をお聞きしてから付けて、

納得の上で作成しますので、親しみを持って頂けることと確信いたします。

他のお寺の檀家ではないことが条件です。

お焚き上げ供養

やすらか庵 お焚き上げ

お焚き上げ供養のご案内

故人様の遺品、写真、仏壇、位牌などの普通に処分できないもの、

神社、寺院などのお札、人形、ぬいぐるみなど、

恐れ多くて普通のゴミに出せないものを読経供養の上でお焚き上げいたします。

お焚き上げとは、気持ち、情、魂がこもっているものの魂を抜き、

元の場所に還って頂く供養のことです。

年末に護摩壇を組み、お焚き上げさせて頂いております。

ご連絡の上でやすらか庵までお送りください。

墓じまい

墓じまい

墓じまいのご案内

後継者がいないなどの理由でお墓が無縁墓になる場合には、

ご先祖様に感謝しつつ、生きている限り私達を守って下さることを願い、

墓じまいしてお墓を更地に戻します。

お墓の抜魂供養を丁寧にすることにより、安心して墓じまいできます。

NPO法人やすらか庵と共同で一貫した施工が可能です。

必要でしたら全国どこにでも出かけます。

海の散骨、森の散骨

海の散骨 森の散骨

散骨のご案内

後継者がいない者にとって、お墓を造っても確実に無縁墓になってしまいます。

また、現在あるお墓をどうするかという問題は解決できない心の重荷となります。

散骨は遺骨を捨てるものではありません、

お借りした体を自然にお還しする選択肢なのです。

生前中に故人様が散骨を希望していたのであれば、

それを実践して差し上げることが最大の供養であり、

実践しなければ無念の思いが残ってしまいます。

礼拝の対象として喉仏などの少量の遺骨を残すことをおすすめいたします、

但しご自分が亡くなった時には棺おけの中に入れてもらってください。

供養という意味では、少量で充分です、

最後の最後まで守り続けることこそ供養というものです。

メモリアル品

全て私達の手作り品で3点まで無料で差し上げています。

手作りお守り 私も心を込めて作成しております

手を合わせる気持ちさえあれば立派な供養なのです。

永代供養

 

-霊園造成からお地蔵様の制作まで全て手作りです-

地蔵葬
後継者の無い方でも持てるお墓、永代供養が付いているので墓じまいの心配無し
地蔵葬のご案内

永代供養墓
後継者のいない方、墓じまいをした方のためのずっと安心な永代供養墓

茨城県美浦村の如来寺様との共同企画で、お寺の永代供養が実現しました

お寺の敷地でお寺が続く限り供養し続けられます

後継者不要で宗教不問、年会費などは一切かかりません。

名前札は無料でお付けいたします。

やること全て供養のため

供養のためなら出来ることは何でもやります、心を込めて供養するには

肉体労働も苦ではありません、全て救済のためです。

やすらか庵の取り組みは新聞、テレビ、週刊誌などのマスコミで

数多く取り上げられています、その一部をご紹介させて頂きます。

私は2017年3月より高野山真言宗に僧籍復帰して清野徹昭ですが、それ以前は

俗名の清野勉であることをご了承ください。

テレビ朝日 ソノサキ

日本テレビ あのニュースで

フジテレビ

スーパーJチャンネル

サブコンテンツ

このページの先頭へ