ことしはおじいちゃんの〇〇回忌じゃなかったかな…こういう時に年(回)忌法要早見表があると便利です。法事を準備するのに、間違えて準備してしまったり、うっかり忘れてしまったら恥ずかしいものです。毎年必ず年忌法要早見表を見る習慣をつけておきたいものです。

年(回)忌法要早見表とは

年(回)忌法要早見表とは、過去に亡くなられた方の法事が何回忌になるのかを見るために使います。亡くなられた年を見て、該当すれば今年は法事を行う年ということです。

亡くなった人の没年月日が分からない時にはエンター

平成30年度の年忌法要早見表

平成30年度 年忌法要早見表
年忌  亡くなられた年
1周忌  平成29年(2017年)
3回忌  平成28年(2016年)
7回忌  平成24年(2012年)
13回忌  平成18年(2006年)
17回忌  平成14年(2002年)
23回忌  平成8年(1996年)
25回忌  平成6年(1994年)
27回忌  平成4年(1992年)
33回忌  昭和61年(1986年)
37回忌  昭和57年(1982年)
50回忌  昭和44年(1969年)
100回忌 大正8年(1919年)

平成31年度の年忌法要早見表

平成31年度 年忌法要早見表
年忌  亡くなられた年
1周忌  平成30年(2018年)
3回忌  平成29年(2017年)
7回忌  平成25年(2013年)
13回忌  平成19年(2007年)
17回忌  平成15年(2003年)
23回忌  平成9年(1997年)
25回忌  平成7年(1995年)
27回忌  平成5年(1993年)
33回忌  昭和62年(1987年)
37回忌  昭和58年(1983年)
50回忌  昭和45年(1970年)
100回忌 大正9年(1920年)

亡き人のために何かして差し上げたいと思ったら、供養が一番です、供養という意味では法事が定番ですが、都会暮らしの方にとっては、親族を呼んでの法事という機会が少なくなりました。呼ぶべき親族がいないのですから、仕方ありません。最近は身内の物だけで、しかもお寺に出向いて読経してもらうという法事(上げ法事)が増えています。

見栄を張ることなく、無理することなく、故人様を偲び、供養を届けることは、故人様にとっても、私達にとっても大切なことです。

回忌の基本的な考え方

  • 1周忌だけは1回忌と言いません
  • 1周忌が過ぎましたら、後は3と7の数字が続きます
  • 23回忌と27回忌の間をとって25回忌ということがあります。(23回忌と27回忌はしない)
  • 近年は33回忌で終わりということが増えてきました(37回忌はしない)
  • 50回忌は一昔前までは普通に行われていました
  • 100回忌は子孫がそれだけ続いているということを祝うという意味合いもあります

亡くなってから2年間は

法事

故人が亡くなって2年間は法事が続きますので、何回忌の法事であるかを忘れるようなことはありません。亡くなってからの法事は

  • 初七日
  • 二七日
  • 三七日
  • 四七日
  • 五七日
  • 六七日
  • 四十九日(満中陰)
  • 百か日
  • 1周忌(ちょうど1年)
  • 3回忌(ちょうど2年)

1周忌や3回忌はなるべく命日か命日に近い日に行います。皆が集まりやすいように日曜日にしたりすることが多く、また、命日より遅いと忘れたと思われるので、命日よりも少しだけ早くするのが一般的です。

また、3回忌までは他のご先祖の法事と一緒にしないのが一般的です。しかし、お寺さんによって考え方が違うこともありますので、それぞれのお寺さんに従ってください。

複数のご先祖の法事を行う時

おじいちゃん-遺影 おばあちゃん-遺影

おじいちゃんの13回忌とおばあちゃんの7回忌を一緒に行うことは可能です。しかしちょうど同じ年にぴったりと当てはまるようなことは少ないので、どちらか早い方に合わせると良いでしょう。

例えばおばあちゃんが平成24年に亡くなっていたら、今年が7回忌の法事になりますが、おじいちゃんが平成19年に亡くなっていたとしたら、正確には今年おばあちゃんの7回忌をして、来年おじいちゃんの13回忌をすることになりますが、今年おばあちゃんの7回忌とおじいちゃんの13回忌をまとめて行うということがよく行われています。

丁寧に行うという意味では、一人一人を分けて行うべきですが、法事をするにしてもそれなりの費用と時間がかかりますし、なるべく節約してということは、世の中の流れなのかもしれません。

ご先祖様の数が多い家では場合によっては1回の法事で5体の方の法事を一緒にしたりということもあります。

また、考え方によってはおじいちゃんとおばあちゅんの仲が良かったのだから、一緒に行えば喜んでくれる、という見方もあるかもしれません。しかし、お寺さんによって考え方が違うこともありますので、それぞれのお寺さんに従ってください。

一番最後の法事は

近年は33回忌の法事で終わりとすることが増えているようですが、可能であれば例えば33回忌と50回忌、或いは100回忌が一緒に出来るのであれば、した方が良いのではないかと思います。

100回忌の法事ともなりますと、その方を知っている方がおられるということはありませんが、子孫がそれだけ長い間続いているということですから、昔から祝いの法事と言いまして、目出度いということから、タイの尾頭付きを出して祝ったようです。

本来、輪廻転生の立場からすると、人間というものは生まれ変わっていますので、法事などしても意味が無いはずなのですが、これは仏教的な考えではなくて、我々の祖先の固有の宗教観と道教、儒教などの影響を受けた、祖霊の供養ということをしているのであり、人は死んでから50年、或いは100年で家の守り神になるという信仰と結びついたからこそ法事というものがあるのです。

法事と友引

友引というものは、亡くなった方が友を引いていくという意味ではありませんので、気にする必要はありませんが、お葬式だけは皆さん縁起を担ぐということと、実際問題、斎場にもお休みが必要なので、お葬式が行われないだけの話です。

法事を行う日は、友引でも構いませんし、どんな日でも構いません。大勢の方が集まるような法事でしたら、わざわざ休みを取らなくても済むように、土曜日、日曜日に行うのが通常です。

これは役に立つ→法事に関する質疑応答エンター

高野山真言宗やすらか庵の法事エンター