歯周病とは

歯周病を治す

歯周病とは歯と歯茎のすき間から入った細菌が炎症を起こし、歯茎やそれを支える骨が溶けていき、歯がグラグラになり抜けていく病気です。

歯周病の原因

歯というものは異常がない内には結構酷使してしまい、異常が出始めたらもう既に手遅れになっていることが多く、歯周病はまさに気付いた時にはもう手遅れで歯がどんどん無くなっていき、総入れ歯になってしまうのです。

歯周病の原因は歯にこびりつく歯垢(プラーク)で、歯垢には1mg中に10億もの細菌が住んでいる中に多くの種類の原因菌が潜んでいて、実はまだ完全には解明されていないのです。

口の中は最も細菌が繁殖しやすい場所なので、日頃から清潔に保つことが大切です。

歯周病の始まり

今や成人の8割以上の人がかかっていると言われる歯周病は放っておくと歯が全部抜けてしまう病気です。

それどころか歯周病菌は骨から体全体に回って致命的な病気を引き起こしたりすることが分かっています。

歯磨きが充分でなかったり、磨き残しがあったりして歯と歯茎のすき間に歯石がたまり、そこで細菌が繁殖して歯の付け根の所まで増殖し、やがて空気に触れない所で嫌気性の菌になって体の中に入ろうとして攻撃を始めますが、体に備わる防衛機能が働いて嫌気性の菌を攻撃した時の結果として膿や血が出るのです。

膿や血が出るのは自分の体の細胞が自分を守ろうとして必死の思いで戦ってくれていて、傷ついて倒れた結果なのです。

私達の身体に備わっている自己防衛機能は体の外からやってくる外敵に対して常に戦ってくれているのですから、血が出たり膿が出るのは体の防衛機能が正常な証で、本来は血が出たり膿が出ることは好転反応として、正常な状態に戻っていく正しい反応なのです。

但し何時までも膿が出続けることは異常なことで、治すという機能が壊れてしまっているのです。

血や膿が止まらない

肉体的な痛み

歯周病の始まりは歯茎が腫れることでした。

しかし本当の初期症状は分からないうちにどんどん進んでいるそうです。

歯茎が腫れた時には歯科医に行けば歯石の掃除と消毒をしてくれて、それで治っていきます。

しかしすぐにまた別の場所の歯茎が腫れるような時には歯周病菌が歯茎の中で増殖している疑いがあります。

歯茎が腫れたら歯医者に行くことを繰り返している内に歯茎を押したら常に血や膿が出るようにになってしまうのです。

慢性的に膿が出るようになりますと、口の中が臭くなるのはもちろんのことですが、歯を支えている骨の部分が痛くなったり、首のリンパや頭が痛くなるようになってきます。

膿が日常的に出続けますと細菌が血液の中に入って全身を廻るようになり、血糖値を下げるインスリンの働きを悪くさせて糖尿病や、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞、アルツハイマー、癌などを引き起こすことにもつながります。

歯周病は治らない

苦しみ

歯周病が進行しますと歯茎の奥で嫌気性菌として活動し、更に強力なバリアを作って守るようになってきますので、薬が効くことがなく、治療することが出来なくなってしまいます。

我が国で保険治療を行っている歯科医は歯周病は治らない病気であるとして、それでも進行を止めるために定期的な検診による歯石除去や消毒、ブラッシングの指導などをすすめています。

歯周病は治ると説く歯科医では保険適用外の扱いの高額な治療法を行っていますが、一般人が普通に行けるような雰囲気ではありません。

しかしながら歯周病で長期に亘って歯科医に通い続けても思わしくない結果になっている人が意外と多いようですが、治らないと言われたら諦めるしかありません。

歯周病のかかりはじめ

口腔洗浄器の写真

夜寝る前だけの歯磨きと喫煙の習慣があったことから、齢60を過ぎてから歯周病の症状が出始めました。

禁煙はタバコを止めてから6年になります。

初期症状である歯茎が腫れたり下がり出したことに気が付いた頃から歯を守ろうと必死の努力をしましたが遅かったようです。

歯のケアとしては

  • 電動歯ブラシ
  • 普通の歯ブラシ
  • 極細歯ブラシ
  • 歯間ブラシ糸タイプ
  • 歯間ブラシゴムタイプ
  • 口腔洗浄器
  • 歯石取り

これだけの内容を朝昼晩の食後に15分程度時間をかけて行っていましたが、これだけのことをしても時すでに遅しでした。

身体に感じる危機感

歯周病の対策

私も歯周病になってしまって歯科医に通い続けていたのですが、いつの間にか「治りましたからこれで終わりです」という返事がもらえなくなり、3週間後の予約が当然のことになってしまいました。

それでも時々は歯茎が腫れて臨時で駆けつけて消毒してもらうので、実際は二週間に一回程度の利用になっていたのです。

歯茎を押したら膿が出るのが気になってティッシュでふき取って捨てると一日でゴミ箱が一杯になるし、歯を支えている骨まで痛み出し、頭も痛いし、歯をカチカチするだけで痛いという悪夢のような状況になってしまったのです。

歯も痛くてまともに磨けないし、食べることが苦痛で仕方なく、柔らかい物ばかり食べるようになり、外食にしてもうどんか蕎麦しか食べることが出来ません。

歯医者に行っても毎回同じことの繰り返しで、死ぬまで行かないといけないのかと思ったり、もう全部抜いてもらい、入れ歯にしてもらった方が楽かもと真剣に考えるようになっていました。

それよりもこの病気が進めば死ぬのではないかとさえ思えるのです。

「歯周病」は「死臭病」です、死の臭いがしてくるのです。

一か八か

歯周病の治療セット

もうこうなったら人生掛けてみようと「細菌感染症の治療薬」を代行輸入を通して購入しました。

本来は感染症に有効な治療薬で、歯周病も感染症ですから効くということになります。

しかし保険適用外の歯科医も実際に薬を使っている所もありますし、これを飲んで適切な治療を行うと歯周病が劇的に良くなるという報告がたくさんあります。

我が国の歯科では保険適用外の薬で歯周病の治療薬としては認証されていませんので完全に自己責任です。

しかしながら歯科治療は今や全身の健康に関わり、脳にも直結していますので、本来は脳外科や内科と密接に連携して治療するべきで、歯周病などの治療は体全体の病気であるにも関わらず、一昔前の虫歯治療の歯科ばかりが溢れていて歯周病に対して為す術がないのはある意味国益を損ねているとも言えるのです。

私が購入した薬はジェネリック医薬品で成分500mgを一日一回で三日間飲むだけです。

もし倒れても仕事に差し支えないような3日間を選んで飲んでみました。

光明真言毘沙門天真言を唱えながら気合を入れて飲みました、「どうか治りますように」。

結果としては

天界のイラスト

主な副作用は発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気とのことでしたが、少しお腹が緩くなったかなと感じたぐらいで心配した副作用も全くありませんでした。

この薬は1~2週間程度効いていますので、薬が効いている内に歯科医では歯石を徹底的に取るそうですから、私は自作の歯石取りを使って毎日徹底的に歯石を取りました。

飲んだ次の日ぐらいから聞いているなと言う感じがして腫れがどんどん引いていき、歯石を取る時にも痛みが無くなりました。

それと朝から晩まで出ていた膿が少なくなっていき、一週間程度経過したら全く出なくなりました。

歯医者はたまたま仕事の都合で予約をキャンセルしていましたので、現在は行くのを止めてから一か月維持様が経過していますが、大きな変化がありました。

  • 腫れが引いた
  • 膿が全く出なくなった
  • 血も出ない
  • 歯をゴシゴシ磨いても痛くない
  • 噛み合わせの違和感が無くなった
  • 歯をカチカチしても痛くない
  • 口腔洗浄器の勢いを強くしても痛くない、血が出ない
  • 口の中が爽やか
  • 硬い野菜を食べることが出来るようになった
  • 煎餅は割れば食べることが出来るようになった

たぶん歯石が完全には取り切れていないと思いますので、これから先また再発するかもしれませんが、それでも死ぬかもしれないと言う恐怖感から立ち直って、普通の感覚を取り戻すことが出来たことは大きな収穫です。

気付きの実践

気付きのイラスト

釈迦は私達の苦しみが生老病死から来ることを悟り、病気になって苦しむことは避けられないと説いたのですが、苦しみは無くならないとしても少なくしたり減らすことは可能です。

毎朝毘沙門天の祈願をしていますと歯が痛くて、法螺貝が鳴らせない、読経の時にフガフガと力が入らない、などの現象で困っておりましたので、毘沙門天様にお願いしてからの挑戦でした。

私みたいな者がお陰を受けさせて頂いて申し訳ない限りですが、命の危機を救って頂いたのですからこれから先命ある限り精進させて頂きます。

身体というものはからの借り物ですから、なるべく綺麗に使って綺麗にお還し出来るように致します。

歯のメンテナンスは修行だと思い、もう絶対に前の状態に戻りたくないので多くの時間を使って丁寧にメンテナンスしています。

小欲知足の実践で暴飲暴食することなく、欲張らずそして足るを知り、規則正しい生活を送りながらも自分の身体と心の状態をよく観て、日頃から体の中で自分のために働いてくれている無数の細胞に感謝し、体のメンテナンスを行うことはとても大切な事です。

どんなに小さなことでも気付くことが大切で、日頃から五感の感覚を研ぎ澄ます訓練をすることです。

自分の身体は自分でメンテナンスをすること、そして自分で出来ない部分は医者に頼みましょう。