Q.パワーストーンはお焚き上げしてくれますか


パワーストーン

パワーストーンとは

古来より石には特別な力が宿るとされ、色や形の美しい石や珍しい石は、身に付ける装身具としての利用はもちろんの事、気持ちを鎮めたり高揚させたりなどの効果があることから、宗教用具としても利用され、特に珍重な石はご神体として崇められているのです。

パワーストーンの利用

パワーストーンは場の浄化やチャクラの活性化、運気上昇、誕生石などの名目で開運商品としていろんなサイトで販売されています。

自分で採りに行こうと思っても、他人の土地であったり採掘禁止の場所であったりしますので、なかなか自由に手に入る物ではありませんが、最近はパワーストーンのブームで店舗として扱っている所もありますし、ネット通販で買えますので、手に入りやすくなりました。

最近では手作りブレスレットやネックレス用の石も豊富にあり、珍しくて綺麗な石がたくさんありますので、見に行くだけでも楽しくなります。

パワーストーンの石の種類

パワーストーンとしては具体的な効果があるものが好まれて、特に球体に加工した水晶は占いや呪術の道具として使われることが多く、透明度が高くて大きい石になれば高価な値段になります。

他にはエメラルド、オニキス、オパール、サファイア、タイガーアイ、翡翠、ルビーなど実に数多くの種類があり、それぞれに特殊な力が込められているとされ、ブレスレッドや数珠、勾玉、丸玉などに加工されて販売されています。

パワーストーンの過度の期待は

開運グッズそのものは趣味や気休め程度に考えることが大切で、効果に期待しすぎますと多額のお金をつぎ込んだ挙句の果てに全く効果が無かったようなことがよくあり、場合によっては悪い物に憑りつかれて体を悪くしたということさえあるのです。

間違ってはいけないこととしては、パワーストーンであっても単純に物であるという事で、何かを劇的に変えてくれたりする物では無いということです。

自分が変わるために道具として使うには悪くありませんが、すごい力があるはずだからと、過度の期待をして何かをしてくれると思ってはいけません。

パワーストーンのお焚き上げ

神聖なものとして扱ってきたパワーストーンですが、燃えないゴミとして捨てるのは忍びないと思いましたら高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養にお送りくださいませ。

お焚き上げ供養の火に入れるのは小さなものだけですが、毎日読経供養致しますし、最後にはお祓いした上で一つ一つの物の特性を見た上で適切に処分させて頂きます。

パワーストーンの最後

1万坪の森もありますので、少しぐらい置いても邪魔になることはありませんが、自然に還るという意味では地産地消が好ましく、違う所で採れたものを森にお還しするのはよろしくないのですが、出来ましたら無駄のない資源の活用を考えて頂くきっかけになって欲しいものです。

再販売のような愚かなことはいたしませんのでご安心くださいませ。


お焚き上げの質疑応答2.エンター


前 抜魂供養の済んだ仏壇はゴミに出しても構いませんかエンター

次 宗派の違うお位牌は送っても大丈夫ですかエンター