三密とは

本日ついに緊急事態宣言が出ましたが、最近「3密」という言葉をよく聞くようになりました。

この「3密」は最近できた言葉のようですが、実は古くから「三密」という言葉があったのです。

「三密」とは密教用語で身密、口密、意密のことであり、宇宙の生命現象はすべて身(身体)、口(言葉)、意(心)という三つのはたらきで成り立っていると説いています。

真言密教では手に仏の象徴である印を結び(身密)、口に仏の言葉である真言を唱え(口密)、心を仏の境地に置くこと(意密)によって、大日如来と一体になることを目指しています。

我が国では新型コロナの感染を防ぐための「3密」、つまり「密集、密閉、密接」を避けるようにとの政府の指示が出ていますが、これは人と人との接触を減らすために避けるべき3密です。

今や「3密」ばかりが流行語になってしまいましたが、時代を超えて、宗教を超えて密教の「三密」を新型コロナの予防と拡大防止に役立てましょう、それは

☆身(身体)-手洗い、消毒などの実践。家族や相手のために体を動かすことを惜しまない。

☆口(言葉)-咳エチケット、うがい、デマを流さない、祈る。

☆意(心)-出かけたい気持ちを抑え、不要不急の外出をしない。明るい未来を信じて耐える。励まし合う心。

新型コロナとの闘いはまさに修行です、修行できる良い機会が与えられたと前向きにとらえましょう。