栃木県とは

栃木県の方にお焚き上げのご案内

栃木県は人口約195万人で、海と接する所が無い完全な内陸地であり、県北部に日光国立公園があります。

栃木県でのお焚き上げは神社や寺院を利用する方法とお焚き上げ品を郵送や宅配で送る方法があります。

大谷石

大谷石の写真

宇都宮市の北西部の大谷町で採れる「大谷石」は軽石凝灰岩で、軽くて加工がし易いので、お墓の外柵や家の外柵としてよく使われていました。

関東地方ではよく普及した石材で、お墓の外柵にもよく使われていたのですが、年月が経ちますと風化していきますので、ボロボロと崩れてきて、それがまたとても良い味わいなのですが、お墓の外柵などに使われていますと、ちょっと触れただけで倒れてしまうこともあり、近年の輸入の石材に押されてしまって、最近ではあまり使われなくなりました。

お焚き上げ場に大谷石

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ場の外柵には大谷石が一部使われています。

鹿沼土

鹿沼土は農業や家庭菜園などによく使われる土のことで、栃木県鹿沼市で産出される軽石の事です。

火山性の酸性土であり、通気性や保水性が高いことが特徴です。

約3万年前に群馬県の赤城山から噴出した軽石は一帯に約150cmの厚さで堆積しているそうです。

栃木県のお焚き上げ

栃木県にお住いの方にお焚き上げのご案内です。

御札や御守は

栃木県の方で寺社で頂いた御札や御守に関しては、初詣の時に頂いた寺社にお礼を添えてお返しし、新しい御札や御守を頂く方がほとんどだと思います。

御札や御守は神様に家まで来て守ってもらったのですから、頂いた寺社に持って行くのが礼儀なのです。

誰でも利用出来るお焚き上げ

全国何処からでも利用出来て宗旨宗派などに関係なく誰でも利用出来るお焚き上げもあります。

引っ越しした、或いは御札や御守が何処で頂いたのかが分からないなどに場合には、全国的に受け付けてくれている所にお任せしましょう。

寺院のお焚き上げ、毎日供養で500円から

亡き人の遺品を処分したいが、思い出の多い物なので捨てられない、仏壇、神棚、位牌などが不要になってしまったなどのような場合にもお焚き上げが有効です。

郵送や宅配を利用して送ることが出来ます

今の時代、新型コロナの影響で安心して外出できる状況になるには随分と時間がかかりそうです。

そういうじだいだからこそ郵送や宅配便を使ってお焚き上げ品を送ることが出来て、全国どこからでも利用出来るお焚き上げ供養は本当に助かります。