Q.生前戒名は頂けますか


A.戒名は亡くなってから頂くものだと思われていますが、実は戒名とは仏門に入った者が釈迦の弟子として仏の世界で生きていくためには、俗世間の地位や名誉、そして欲望を捨て、人間関係も捨てて入ることから生まれ変わって生きていくという意味で師僧から新たな名前を頂き、法の流れを受け継ぐと共に新たな人生を歩むのです。

そういう意味での戒名は本来、「法名」と言われ、法を受け継ぐ者に与えられた名前なのですが、戒名とは戒律を守りますよという者に与えられた名前であり、戒律を守らないと意味が無いのです。

従って本来戒名は生きている者が頂くものであり、生前戒名を頂いて位牌を作ることはとても素晴らしいことなのです。

生前戒名は「逆修」とも言ってとても縁起の良いことだとされて、生前戒名を頂いた人は長生きするとも言われます。

生前戒名で位牌を作る場合は、戒名が〇〇△△信士でしたら△△の部分を朱色の文字にしておけば、まだ生きていますという印になり、お墓に戒名を刻む場合でも同様に△△の部分を朱色の文字にします。


位牌、戒名についての質疑応答エンター


前 大きい位牌を小さく作り替えても良いですかエンター

次 位牌の形に特別な意味がありますかエンター