「虚空尽き 涅槃尽き 衆生尽きなば 我が願いも尽きなむ」

弘法大師

弘法大師空海は高野山を開山しましたが、堂々伽藍が完成したことのお祝いに四恩(父母・衆生・国王・三宝)に感謝する万燈万華会を行いました。その時の願文に「虚空尽き 涅槃尽き 衆生尽きなば 我が願いも尽きなむ」の文章が書かれています。

万燈万華会とは

天長9(832)年8月22日に高野山で行われた万燈万華会が最初とされ、高野山は都から離れて不便な環境の中での難工事であった金剛峯寺の建立が遅れたことや、伽藍の造立が進まなかった中での万燈万華会は、伽藍の建立に仏の加護が必要であったことから始められた行事なのです。

現在でも行われている万燈万華会は、たくさんの灯明と華を仏に供えて供養し、人々の願いを叶えるように祈る法要のことです。

「虚空尽き 涅槃尽き 衆生尽きなば 我が願いも尽きなむ」の意味

「宇宙が尽きるまで、悟りを求めるものが尽きるまで、生きとし生ける者が全て輪廻転生から解脱するまで私の願いは尽きることが無い」、という願いは今でも高野山奥の院にて弘法大師が座禅瞑想を続けることによって祈り続けられているのです。

弘法大師の謎…弘法大師空海は今でも奥の院御廟にて座禅を続けている

一人でも多くの人を救いたい、という願いは純粋で、そして真剣であればあるほど多くの人の心を動かすものです、その心を感じた時に何と有難い、という素直な感情に包まれるのです。

私達も救って欲しいのはもちろんですが、私達もまた人を救わないと弘法大師の願いは尽きないのです。

真言宗の教え

真言宗の教えは釈迦如来の教えではなくて宇宙そのものを仏とする大日如来の教えで、大日如来の元には多くの如来が居て、釈迦も宇宙の真理を説く如来なのです。

その心理を体得された弘法大師だからこそ民の救済の願いは永遠に続いているのです。

弘法大師の願い

私達は高野山奥の院にて弘法大師が座禅瞑想を続けているということを常に意識して、生きとし生ける者全てが悟りを得ることを願い、祈り続けて下さっているのですから、その時空を超えた魂の叫びを感じ取って、共に歩むようにいたしましょう。

私達一人一人のために祈ってくれている方が居るでしょうか、とても有難いことで御座います。

高野山に行けばその事の意味が分かるはずです、奥の院の雰囲気が別世界なのです。

弘法大師の尽きぬ願いと、護り続けられた伝統の灯が灯り続けているのです。


物にも魂が宿る…付喪神とは