「一月往ぬる二月逃げる三月去る」とは

1月行く2月逃げる3月去る

「一月往ぬる二月逃げる三月去る」とは一月から三月までは行事が多くて忙しく、早く過ぎてしまうことを月の頭文字に掛けて往ぬる、逃げる、去ると調子よく表現した諺。

あっという間に一月は行ってしまう、二月は逃げてしまう、三月は去ってしまう、ということのたとえ。

年の始めは忙しい

年始というものは誰にとっても忙しいもので、一月は1日の元日から始まって初詣、年始参り、七草がゆ、鏡開き、小正月などの年始行事が続き、二月は節分、立春、建国記念日などがある一年で最も短い月となり、三月はひな祭り、彼岸、春分などがある卒業、移動、引っ越しで忙しい月となります。

新しい年が始まって今年こそは頑張ろう、時間を大切にしようという誓いを立てた人でも特に年始の三か月はあっという間に過ぎてしまったと感じることが多いのです。

二月は旧正月

二月は太陰暦での正月となりますので、一月の新正月の次に旧正月という事で、年末と正月が再びやって来ることになります。

厄年の厄払いをする場合には満年齢ではなくて数え年で見ますので、数え年は二月の節分を境に歳が増えます。

三月決算の影響

また三月末で決算を行う会社が多いことから三月は年度末という事で、一月二月三月は決算に向けてのラストスパートになっているのです。

三月が年度末になっている影響で首都高速は三月の後半は年度末渋滞が発生しますし、土木や建築関係では年度末までに工事を済ませようと駆け込み工事が集中し、こういった事が年度末渋滞に拍車を掛けているのです。

春は激動の季節

一月から三月までは季節で言いますと冬から春に移り変わる時期で、冬の間に冬眠していた植物が気温が暖かくなってきて目を覚まし、新芽を出して葉を広げ、花を咲かせる季節であり、命が一気に芽吹く季節なのです。

春の彼岸に亡くなる人が多いのは、命を動かす細胞が一気に芽吹こうとする時に大きなエネルギーが必要であるのに、年老いた命はそのエネルギーを出すことに耐えられなくなるのです。

春はたくさんの花が咲き出すとても暖かい季節ですが、大いなるエネルギーが必要な季節でもあるのです。

一月二月三月の過ごし方

このように一月から三月まではあっという間に過ぎ去ってしまうのですから、年始の三か月は大切に過ごしなさいよということは、過ぎゆく時間は二度と戻ってこないものであり、今のこの時を有意義に使いなさいという仏法の教えにも繋がりますが、「光陰矢の如し」と言われるように過ぎゆく時の速さはいつも同じなのですが、忙しい時ほど時間の経過が早いことは誰もが感じることなのです。

新しい年を迎え、自分も一つ歳を取るというタイミングはやはり大きな節目であり、特にスタート地点は1年の時間配分をよく考えて行動しないといけません。

一月二月三月は今年一年をどのように過ごすかを決める大切な時期であり、この時期を只忙しい、忙しいと過ごしてしまえば何の進歩も無い一年になってしまいます。

令和の時代

令和になってからの時間の進み方の早い事、元年が短かったのであっという間に2年になって、しかも1月がもう終わり、まさに一月往ぬる二月逃げる三月去るとは良く言ったもので、1月から3月までは行事が多いこと、2月が短い事などもあってどんどん過ぎていきます。

この時間が過ぎるスピードよりも速いスピードで広がっているのが新型コロナ、空気感染で広がっているので世界中に広がっていますが、これからの時代、大規模自然災害と伝染病はある意味人類の活動によってもたらされたものであり、私達は滅びてしまうかもしれないのです。

戦争で撃ち合う事をすればお互いにダメージを受けますが、疫病は目に見えない形で拡がって多くの人の意のつを奪うのです。

コロナウイルスは、インフルエンザやかぜと同様に、せきやくしゃみなどの飛まつで感染するので、マスクをしてうがい、手洗いをまめに行いましょう。

身近に迫った厄災に対しては2月逃げるで逃げ去って、節分には「鬼は外」と去ってもらいましょう。