動物の毛皮反対

私達が普段食べている牛、豚、鶏などのお肉の裏には殺生があります。

殺生とは生き物を殺すことで、殺生された生き物は多大な苦痛を受けるために、仏教では大変に重たい罪になり、世界中には宗教上の殺生をしてはいけないという理由で肉や魚を食べないベジタリアン、或いはビーガンと呼ばれる人達が多数存在し、インドでは約13億の人口の約3割が菜食主義です。

今から30年も前のことですが、私が高野山大学の仏跡巡りツアーに参加した時の事、エア・インディアの機内食には菜食主義の人用と肉を食べる人用の二つのメニューがあって選べるようになっていて、ベジタリアンの人が世の中に普通に存在するのだと驚いた記憶があります。

動物は食肉としての他に様々な製品になって私達の生活を豊かにしてくれていて、動物に関する製品としては毛皮、帽子、手袋、ジャンパーなどの衣料品から椅子、ソファーなどの家具、ハンドバック、カバン、ベルト、印鑑などの雑貨小物に至るまで実に様々な物が使われていて、希少な動物は高価で取引されることから、乱獲によって絶滅した動物もたくさんいるのです。

リアルファー反対運動をしている団体も数多くあり、実際に作られている現場での惨い映像を見てもう買えなくなってしまった方もたくさんおられると思います。

中には生きたまま皮を剥ぐのは惨いという告発の真偽で感情論の議論をしているサイトもありますが、リアルファーの善し悪しという観点からは何か肝心なものが抜けているような気がいたします。

遥か昔に狩猟をしていた私達の祖先は、食べる獲物は最低限必要なだけ食料として頂いて何もかも無駄にすることなく利用し、そしてまたその亡くなった生き物が再生して来ることを祈ることによって魂を鎮め、自然を崇めてきたのです。

毛皮は実際は工場のような施設で作られていて殺生してから毛皮にしますが、お肉として使われた残りを使うのではなくて、毛皮だけのために飼育されていて毛皮を採ったら捨てられるという行為が、人間は動物よりも優れているから当然という理由で行われているのは、自分勝手な行為なのかもしれません。

私達がお金を払えば毛皮を買えるのは、製品の価値を買っていることと、もう一つは殺生の現場を見なくて済むということ、そして自ら殺生しなく済むという価値を買っているのです。

しかし自ら動物を殺生することと、殺生されたものを買うことは共に同じ殺生でありますので、なるべく必要の無い殺生は避けた方がよいのです。

無くても済む、或いは代用品で構わないのでしたら動物の殺生に関わる製品は使わないことであり、今持っている物が気持ち的に使えないというならお焚き上げ供養に出して頂きましたら供養の上で焚き上げして天にお還しさせて頂きます。

怖い、惨い、ダメとあまり感情的にならなくても、人や動物に対して感謝の気持ち、そして優しい気持ちで接していれば自然と人や動物に好かれるようになってくるものでございます。


供養することが大切です…動物の毛皮などは供養した上でお焚き上げ

動物製品、剥製などは…これはお焚き上げしても良いですか、動物製品、剥製など