Q.動物の剥製はお焚き上げ供養出来ますか


A.最近は動物保護の観点からか、応接間に動物の剥製が飾ってあるような家は少なくなりましたが、それでも立派な角が付いた鹿の頭の剥製や珍しい鳥の剥製、虎やチーターなどの皮などは観賞用として結構高い値段で取引されています。

欲しい人にとっては喉から手が出るほど欲しいのですが、こういったものを見て気持ち悪いと思う人もたくさんおられる訳で、例えば頂き物として高価な剥製をもらっても、欲しくない人にとっては何の価値も無いといいますか、逆に処分に困る迷惑品になってしまいます。

動物ですから剥製になる前の死の苦しみがあることは私達人間と同じで、まだ生きていたいのに殺生されたという意味では残酷なことであり、それが故に好きになれないという感覚は普通の人ならあると思います。

動物の剥製があるのだが、中途半端に高価なものなので、どうしてもゴミに出せない、人にもあげられない、なとでお困りでしたら、お焚き上げ供養を利用してみてください。

命の供養と言う意味でもおすすめです、強い生き物を征服した証としての剥製、珍しい生き物を身近に置いて観察などの無用な殺生やは慎みたいもので、そういったものを購入したり頂いたりすることも慎みたいものです。

出来る事なら他の生命に対して慈しみの心で接するようになりたいものでございます。


お焚き上げの質疑応答2.エンター


前 虫の標本はお焚き上げ供養出来ますかエンター

次 位牌は何体入れても料金は変わりませんかエンター