戒名の宗派による違い

仏門に入った証として頂く戒名は宗派によって考え方が違うために、その付け方には違いがあります。

戒名の構成

戒名の基本構成

戒名の基本は院号、道号、戒名、位号であって、宗派によって梵字が付いたり文字の内容が変わったりします。

戒名の意味

戒名の文字には亡き人の生前中の生き様や仏教徒としての位などの意味があります。

院号とは

もともと天皇が退位した後に付けられた名前のことでしたが、後に身分の高い人に付けられるようになりました。

院号より高貴な尊称として院殿号もあります。

実際の寺院には固有の名称として寺の位置付けを表すための〇〇山□□院△△寺▲▲庵のような呼び方をするのですが、亡き人に対して架空のお寺である◇◇院というお寺を修行の場として与えましょうというのが院号なのです。

院号は寺院に対して貢献した人のみに与えられる権利であり、誰でもが院号を得られる訳ではありませんし、権利があってもお金が無ければ院号は貰えません。

寺院としても無制限に出せば院号の価値が下がることになり、控えているようですが、現実的には寺院としての大切な運営のための収入源であることも事実です。

道号とは

戒名の上につけられる名前のことで、元々は仏道を習得した高僧に付けられる名前のことです。

実際には亡き人が生きていた時の生き様を道号で表します。

戒名

本来はこの2文字が戒名の意味に相当する部分。俗名(生前)の名前から一字とって入れることが多く、この部分が必ず入っているのが戒名です。

位号

戒名の下につけられる位の意味で昔は階級を表していました。性別、年齢なども位号で表されます。

位号の種類としては

・居士(こじ)/大姉(だいし)
成人男性/成人女性の場合。信士・信女より寺院に貢献した人に付けられる。
・信士(しんじ)/信女(しんにょ)
成人男性/成人女性の場合。
・童子(どうじ)/童女(どうにょ)
15歳未満の子供の場合。
・孩児(がいじ)/孩女(がいにょ)
幼児の場合。
・嬰児(ようじ)/嬰女(ようにょ)
乳児の場合。
・水子(すいじ)
死産児の場合

などがあります。

宗派による戒名の違い

宗派によって戒名のつけ方は違います

梵字

梵字

梵字とは古代インドの文字で神々の言葉を表していて、位牌を作る時には戒名の上に梵字を入れることがあります。戒名の一部としても使われることがあります。

天台宗

基本的な戒名の付け方に順じ、戒名の頭に梵字が入ることもあります。その場合は大日如来を表す「ア」か、阿弥陀如来を表す「キリーク」が多いようです。

真言宗

基本的な戒名の付け方に順じ、戒名の頭に梵字が書かれることがあります。その場合は大日如来を表す「ア」か、子供の場合は地蔵菩薩を表す「カ」です。

浄土宗

戒名の中に誉という文字が入ります。○○院◇誉△△□□居士(大姉)というように、道号の前に誉を含めて2文字入るのが特徴です。戒名の頭に梵字が入ることもあります。その場合は阿弥陀如来を表す「キリーク」になります。

浄土真宗

2文字の法名の前に釋(釈)という文字が入ります。釋□□、○○院釋□□のように、釋を含めて法名は3文字か6文字になります。以前は女性の場合、釋尼□□とつけられていた風潮がありました。

曹洞宗

道号と戒名の4文字は、経典や漢詩などを参考にしながら対句で熟語になることが多い。戒名の頭に釈迦如来を表す梵字「パク」が入ることもあります。

臨済宗

院号にかわって、庵号、斎号、軒号が使われることがあります。また、位号に禅定門、禅定尼などをつけることがあります。

日蓮宗

法号に日の字が入ったり、道号に男性は法、女性には妙がつくことが多いようです。戒名の上に「妙法」という2文字が書かれることもあります。男性の場合は○○院法△日□信士、女性の場合は○○院妙△日□信女