お焚き上げ品は毎日読経供養

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養は僧侶が直接運営していますので、お焚き上げ品は毎朝必ず読経供養しています。

会社で運営していて神社に下請けに出すようなシステムでは決められたことは行って、形としては成り立っていますが、一人一人の依頼者の方の願いや思いを叶えて差し上げようという姿勢を感じられることがありません。

僧侶たる者、民の幸せを命がけで願うことこそ修行であり、お焚き上げ供養にしても毎日の読経供養こそが大切な事であり、そういうことを全て含めたことが真のお焚き上げ供養に繋がっているのです。