水子供養-賽の河原
賽の河原(さいのかわら)とはこの世とあの世の境に流れる三途の川の岸辺で、この世の側の岸であり、丸い石がゴロゴロと無数に落ちている河原の事です。流れている川は「三途の川」です。

水子供養-石積み
水子とはこの世に生まれてくることが出来なかった子供、この世に生まれてきても命の短かった子供のことで、心の穢れの無い子供なのですが、ただ一つの「親を悲しませた」という罪のためにあの世の世界に渡ることが出来ません。その罪滅ぼしのために河原の石を拾っては積み、拾っては積みと、石塔を作って供養しています。「一つ積んでは父のため…一つ積んでは母のため…」

賽の河原-鬼が出てくる
賽の河原には鬼が居て水子が作った供養塔を壊してしまいます。それでも水子は泣きながら石塔を作るのです。「一つ積んでは父のため…一つ積んでは母のため…」

賽の河原-お地蔵様
慈悲のお地蔵様が水子を助けるためにやってきました。

賽の河原-お地蔵様に子供が救われる
お地蔵様は子供に罪のないことを知っています、仏の世界に連れていってくれるのです、水子の救済をお地蔵様にお願いするのが水子供養、お地蔵様は仏の世界大日如来の御使いです。

高野山真言宗やすらか庵では水子供養もしています。水子さんはある意味不幸な魂なのですが、必ず守ってくれる魂になります、体調の事や精神的なことで気になる人は一度水子供養してみてください。必ずプラスの力に成っていきます。

水子供養

高野山真言宗やすらか庵に来て頂きましたら水子供養させて頂きます。「お供え」は「お気持ち」で結構です。私はお供えの中身までは見ません、そのまま御本尊様にお供えさせて頂きます。

お電話で予約してください フリーダイヤル0120-655-480 高野山真言宗やすらか庵