三途の川

三途の川とは

「三途の川」とは「三本の道がある川」という意味で、死者の魂がこの世を離れてあの世に向かう途中に流れていると言われる大きな川のことです。

三途の川の起源は

我が国では法華経や仁王経と合わせて「護国三部経」と言われる四世紀頃に書かれた経典である「金光明経」には「この経、よく地獄餓鬼畜生の諸河をして焦乾枯渇せしむ」とあり、地獄餓鬼畜生の三悪道のことを三途の川と言っていますが、中国で成立した経典『地蔵菩薩発心因縁十王経』(地蔵十王経)には死後の裁判官である十王信仰が説かれ、その中に出てくる「葬頭河」が三途の川だという事です。

三途の川の「三途」の語源は「三本の道」と言うことですが、一説には三本の道とは亡き人の生前の行いによって三通りあって

  • 善人…金銀七宝で作られた橋を渡る
  • 軽い罪人…山水瀬と呼ばれる浅瀬を渡る
  • 重罪人…強深瀬あるいは江深淵と呼ばれる難所を渡る

とされています。

善人は安全な橋を渡るので安心ですが、軽い罪人ですと浅瀬を足を濡らしながら渡る訳ですから場合によっては滑って流されてしまうかもしれませんので油断することが出来ません。

重罪人になりますと流れが速くて深い所を泳いで渡ることになり、向こう岸までたどり着くのが至難の業です。

三途の川の渡し賃

頭陀袋-死に装束

平安時代の終わりになりますと念仏による浄土信仰の影響を受けて、橋を渡るという方法では無くて、渡し船に乗ると言われるようになりました。

三途の川の渡し船の渡し賃が「六文」と決められていて、葬儀の時の棺桶に「六文銭」が入れられるようになったのです。

六道のぞれぞれの入口に居る地蔵菩薩に一文ずつ渡すので六文必要であるとも言われ、昔からお墓の入口には必ずと言っていいほど六地蔵がお祀りされていました。

今の時代では六文銭などはありませんので、亡き人の胸元に掛けた頭陀袋には紙で印刷された六文銭が入れられるようになっています。

また三途川には十王の配下に位置づけられる懸衣翁・奪衣婆という老夫婦の係員がいて、六文銭を持たない人が来たら衣服をはぎ取って渡し賃にするそうです。

三途の川の大きさ

三途の川はこの世の世界とあの世の世界の中間に流れる川で、この世の世界の岸のことを此岸(しがん)と言い、あの世の世界の岸のことを彼岸(ひがん)と言います。

此岸から彼岸までの距離は、果てしなく遠くて向こう岸は見えず、渡ってしまったら元に戻れないという決まりがあります。

人が亡くなって四十九日までの間を中陰(中有)と言ってあの世に渡っている途中だとされていますが、この中陰の間ずっと橋を渡り続けていて途中でどちらに歩いていたのか分からなくなるほど遠いので、一週間単位で様々な仏に案内してもらうというのが十三仏信仰なのです。

チベット密教の経典であるチベットの死者の書では、ほとんどの死者は四十九日までの間に次の生に生まれ変わるとされています。

三途の川の渡り方

三途の川に渡り方があるのでしたら、今の内に知っておいても損はしません。

三途の川を渡らなくて済む方法

三途の川を渡ると言うことは輪廻転生の門をくぐっているということであり、次の生まれ変わりへの旅立ちでありますので、ここから抜け出すには仏教で言うところの悟りである解脱しかありません。

解脱とは輪廻転生の輪から解き放たれて脱することです。

しかし解脱と言っても簡単な事ではありません、釈迦にしても王様の身分を捨てて家族も捨て、難行苦行をしてようやくたどり着いた悟りであって、それも前世から果てしない修行を続けてきた結果なのです。

三途の川を安全に渡るには

死後の世界に行ってまだ右も左も分からない内にいきなり閻魔王から「お前の罪は重いから深瀬を泳いで渡れ」と言われたらもう絶望的で、躊躇していたら後ろから突き落とされて、あっぷあっぷと流されて溺れてしまい、目が覚めたら地獄の世界、これではむご過ぎます。

良いことも悪いこともしているけれど仏法を熱心に学ぶことなく修行もしなかった人は間違いなく三途の川を渡ることになってしまいます。

どうせ渡るのであれば安全な方法で渡りたいもので、そのためにはやはり生前中の自らの行いの善悪で将来が決まってしまうのですから、今からでも遅くありません、善なる行いを積むべきです。

遊ぶ時間を少しだけでも構いませんから修行の時間にすること、そして仏教を学ぶことです。

それが三途の川を安全に渡る唯一の方法なのです。