三宝とは

三宝のイラスト

三宝とは仏教に於ける仏・法・僧の三つの宝のことを指し、これらの三つの宝に帰依して戒律を守ることが仏教徒の基本になります。

三帰依について

三帰依とは仏・法・僧の三宝に帰依することで、真言宗の勤行でも最初に「帰依仏、帰依法、帰依僧」と唱えられる大切な部分です。

帰依仏

釈迦の説法-帰依仏のイラスト

釈迦はこの世に実在する人間として初めて悟りを開いた方であり、如来になった方で、その教えは釈迦入滅後2500年以上経過した現代にまで仏教として私達に伝わっています。

仏教を開いた釈迦は如来として、迷いの世界で苦しむ衆生の救済を続けているので、釈迦に帰依することは迷いの世界から仏の世界へ救済されるための第一歩なのです。

帰依法

涅槃のイラスト

釈迦の説いた法は仏法として学ぶことが出来、生活の中で実践することも出来ます。

真言宗の場合には真言宗の勤行の中に実践すべき項目が入っていますので、まずは毎日勤行をして唱えてみることです。

釈迦は説法の旅を終えて80歳になった頃、パーヴァー という場所で鍛冶屋のチュンダに法を説き供養を受けた後、マッラ国のクシナガラの近く、ヒランニャバッティ河のほとりのサーラ樹の下で涅槃に入りましたが、最後に弟子に残した言葉が「自灯明法灯明」でした。

「自灯明法灯明」は「他を頼りにすることなく自分を灯明の明かりとして進み、正しい法を灯明の明かりとして進みなさい」という事です。

釈迦が居なくなってしまうことを心配したアーナンダに対して、私が居なくなっても、私を頼りにするのではなくて、自分自身を頼りにし、そして正しい法を頼りにしなさいということなのです。

帰依僧

帰依僧のイラスト

何時の時代にも仏法を説き伝えるのが出家した僧侶の役目です。

僧侶の本来の役目は法事葬式をすることだけではなくて、仏法を伝え広めること、布教なのです。

僧侶が正しい法を説いてくれるからこそ尊いのであって、立派な袈裟を着て読経をするから尊いのではないのです。

戒律を守り仏法に即した生活を送り、正しい法を説く僧侶に帰依することは悟りに向かう第一歩なのです。

聖徳太子と三宝

聖徳太子のイラスト

飛鳥時代の皇族である聖徳太子は幼少時より仏教を尊び、仏教を基本とした国づくりを推進し、聖徳太子が制定した「憲法十七条」の第二項には「篤く三宝を敬え。三宝とは仏と法と僧となり」と説かれ、仏法を重んじていたことが分かります。

当時の仏教は大陸から伝わってきて高度で最新の政治、経済、文化を伴っていたことから、我が国の国づくりに大いに貢献し、仏教の象徴としての伽藍を伴った大きな寺院が出来る度に高度な文化が花開いていったのです。

御供を載せる三宝について

お三宝

御供物を載せる台のことを三宝と言いますが「お三宝」と言った方が分かりやすいかと思います。

台の三方向に飾り穴が開いていることから三宝と言われ、仏様の場合には塗りの三宝を使い、神様の場合には白木の三宝を使うことが多いようです。

三方向から三宝を受けとめるという意味合いがあるので三つの穴が開いていて、穴の開いていない方が御本尊または御神体の方になりますので、前から見ても横から見ても穴が見えるのが正解です。

仏式の場合でも法事の時には黒い三宝を使い、御祈祷などでの神様の時には赤い三宝を使うような使い分けもしますが、特に決まりはありません。

三宝印

三宝印

「仏法僧宝」と書かれた四文字を刻んだ印で、御札の印によく使われ、御朱印帳に押す納経の印としても使われています。

三宝の加護を受けることを祈願したもので、仏教の基本となる思想であり、宝物であるが故に、何時の時代でも大切な宝物として扱われるのです。