位牌とのお別れ-仏壇が無い場合

古い家に行きますと大きな仏壇があってその中にはとても古い位牌がたくさんお祀りしてありますが、そもそも位牌というものは亡き人の法事をする時に必要で、法事用の祭壇の一番上にお祀りして法事を行いますので、法事が近年では33回忌まで行えば終わりとする考え方が定着し、昔は50回忌或いは100回忌まで行っていたのですが、50回忌の法事でも亡き人のことを直接に知っている人が居なくなってしまう事や、親戚付き合いが少なくなって法事の機会が減ったことなどが影響して、33回忌までお祀りすれば位牌としての機能を果たしたということになります。

それでは33回忌を過ぎた位牌はどうしたら良いかと言いますと、ご先祖様がまとめて記載されている過去帳位牌や繰り出し位牌などに移し替えて今までの位牌を閉眼供養すると共に移し替えた位牌を開眼供養してから今までの位牌はお焚き上げ供養するのが丁寧な方法です。

お位牌をお焚き上げ供養に出す時には必ず閉眼供養してくれる所に出しましょう。

お焚き上げ自体は魂を天にお還しする儀式ですが、位牌の一番丁寧なお還しの仕方は閉眼供養してからお焚き上げ供養する方法が最も丁寧な方法です。

位牌をお焚き上げに出す時には出来ましたら最後の勤行を済ませてから合掌して仏壇から降ろし、半紙に包んでから出します。

お清めとして塩をほんの少量一振りしても構いません。

位牌は亡き人の魂が天から降りて来る依り代ですので、くれぐれも粗末にしないようにしましょう。