忍辱波羅蜜とは

忍辱波羅蜜とは

忍辱波羅蜜とは菩薩が仏になるための六つの修行である六波羅蜜の一つで、外からの侮辱や迫害を耐え忍び、心を動かさず安らかにする行のこと。

忍辱について

忍辱とは苦難、侮辱や他者からの迫害に耐え忍ぶことで、パーリ語ではkhanti 、 サンスクリット語ではKshantiと言い、仏教用語です。

ニンニクとの関係

ニンニク

食材としてのニンニクは仏教用語の忍辱から来たと言われていますが、匂いがきつくて食べたら強壮作用があると言われています。

禅宗の山門の石には昔からよく「不許葷酒入山門」(くんしゅさんもんにいるをゆるさず)と書かれていますが、臭気の強い野菜は他人に迷惑をかけること、そして強壮作用があるので心を静める修行に影響を及ぼすことなどで、お酒と共に禁じられてきました。

行者ニンニクは山岳修行をする行者が食べるのでそのような名前が付いたと言われますが、食べるにしても食べないにしても辛い修行を耐え忍ぶということに関係するのではないかと思われます。

修行に耐え忍ぶ

仏教の修行は厳しい戒律を守ったり長い時間座ったりで決して楽なことはありません。

釈迦の悟りによればこの世に生まれて生きていることさえ苦痛の連続なのですから、そういった苦から解放されるためには更に苦しい道を歩まなければいけません。

仏教の目指す安楽の境地にたどり着こうと思ったら、苦難の道を歩むしか他に方法が無いのです。

修行をしている時に次々と沸き起こる煩悩の誘惑に対しても耐える必要があります。

忍辱波羅蜜の実践

仏道の修行は辛くても頑張りましょう、乗り越えれば必ず次なるステージに上がれます、人間関係では原因と結果を見極めたうえで何をされても感情むき出しではなくて、怒りを鎮めて対応しましょう。

怒りを鎮める

私達の日常生活や職場に於いては暴力、暴言などの外からの攻撃、或いは相手に対する激しい攻撃や恨みの気持ちなどが次々と襲ってきますが、耐え忍ぶことは争わないことであり、ある意味無益な争いをしなくて済みますが、耐え忍ぶばかりしていますと病気になったり精神を病んでしまいます。

そして耐え忍ぶことは強者と弱者を作り出し、たとえ悪いことでも強者が行えば悪事がまかり通ってしまいます。

しかし仏教の基本原則では自業自得であり因果応報であれば悪事を行った結果は悪い結果となり、悪事を為した本人がその結果を受けるということになるのです。

ですから真の意味での忍辱とは怒らないこと、更には相手を憐れむことなのです。

本当に先の見える人でしたら、たとえ自分に暴力を振るわれたとしても、感情むき出しになって暴力で応戦することでなく、耐え忍び、怒りの心を持たず、「何と哀れな人だろう」と相手を憐れむのです。

暴力の結果を自分でつけようとしたら、自分が強くなって相手を懲らしめることです。

しかし相手を懲らしめても、その相手は更に強大な仕返しする怨念の心を持ちます。

暴力は暴力を呼び、果てしない戦争になってしまうのです。

お互いの怒りの心の応戦が世界中の戦争の原因なのです。

怒らないこと、相手にしないこと、更には気にしないことです。

怒りの原因の多くは「プライド」にあります。

私が正しい、相手が間違っている、自分の方から謝らない、相手が謝れば許す、などのプライドが邪魔しているのです。

別に謝ったからと言って、何か損するわけではない、私が年上だとかそういうことは関係ない、というのが悟りで、仏教的解決法なのです。

そして早く忘れるということもまた善い解決法なのです。

くよくよしない人は、善いことはいつまでも覚えていて、悪いことはすぐに忘れます。