病気平癒-祈願

釈迦の時代から私達人間が避けられない4つの苦しみとして「生老病死」が言われてきましたが、どんなに科学が進んだ現代でも病気になることや死ぬことは避けられないことであり、医者でも薬でも治らない病気があるものです。

不治の病

私事ではありますが、左脇腹と背中の痛みが1年半ほど続き、ひどい時には仕事も全く出来ないほどの痛みがあり、受けられる限りの検査を受けて、5人のお医者さんに診てもらいましたが、どのお医者さんも口を揃えて「異常なし」とのことで、癌ではないかと覚悟して病院に行ったことを思えばとても有難い診断結果なのですが、本当にどうにかして欲しいという気持ちのみで行くのですが、少しも良くならなりませんでした。

薬もまたいろんな薬を試してみて、全く効き目無しの状態でした。

体調が最悪の時には、外出の用がある時などは、車の後部座席で寝たまま連れて行ってもらったこともありました。

しかし、今はその苦痛から解放されています、大変に楽になりました。

病気を治すための宗教の役割

治るためにしたことと言えば、他の方の祈願をするためにこのままの体では差し障りがあるので、治して頂けるよう、祈願をしたことです。

人様の祈願はこれまでも行ってきましたが、自分の事は頼まないようにしていましたが、人様のお役に立てることならばと、自分の病気平癒も頼んでみたのです。

健康はとても有難いものです、皆様にも健康になって頂きたいと思います。

病気になった者の苦しみは、なった者しか分かりません。

お医者さんにしても仕事としては治療をしてくれますが、それ以上のことはしてくれません。また、病気は悪いものだという観点からの治療ですので、対処療法ばかりで、本来は体の中に備わった治癒力を引き出すという手法ではないのです。

病気を治すには、時には生き方や考え方をも改める必要があります。生き方や考え方が悪いが故に病気になることもあるからです。

病気は治ろうとする自然の姿であり、感謝しなければいけないことでもあるのです。

神々の役割

神仏はそれぞれの立場で宇宙の真理を司っていると共に、私達人間に対しては霊性を高めるように導くという役割をされています。全ての魂が悟りに近づくことを望んでおられるのです。

私達は日常生活の中で無用の争いをしたり、人をおとしめたり苦しめたりと、ついつい、悟りとは程遠い行いを繰り返しているのに気付かずにいる中で、そういった日常を反省するための課題として天から与えられた病気であったり、災いであったりするのです。

そういった病気や災いを治して乗り越えることによって、私達は自らの生活態度と考え方を改め、少しずつ霊性を高まっていくのです。

病気は恨むべからず

不治の病を宣言されたり、多くの病院に行っても治らない時には、ついつい自暴自棄になってしまうもので、病気を恨む気持ちになります。

しかし病気を恨んだところでどうにもなりません、昔から病気は疫病神の仕業と言われますが、疫病神は私達が苦しめば苦しむほど嬉しい訳で、体の苦しみばかりではなく、心の中まで苦しんでもがいていることが愉快なのです。苦しめば苦しむほど疫病神が付いて離れないのです。

疫病神に離れてもらおうと思ったら、体の苦しみは仕方ないにしても、心の中でもがき苦しむことを止めることです、疫病神の嫌いなものは笑い声です。幸せな家庭から溢れてくる笑い声が一番嫌いなのです。

笑うことです、とにかく笑うことです。楽しい事があっても無くても笑うのです。一日中笑っていれば、いつのまにか疫病神はいなくなっています。

毘沙門天の祈願

 

負けない事

毘沙門天は私達に憑りついた悪いものを払うと共に、生きる力を与えてくれますが、誰に対しても無条件で与えてくれる訳ではありません。「病気が良くなったら人の為に役に立たせてください」のような高い志が求められるのです。自分の事しか考えていないような人の願い事は決して成就してくれません。

しかしながら私達は最初から志の高い人などおりませんし、時には堕落したり失敗したりを繰り返しながら人として成長していくものです。毘沙門天はそのような私達の心の中まで見通した上で願い事を叶えてくれます。

私達の自らの努力も必要でございます、何もかも手助けしてくれる訳ではありません。

古今東西探しても毘沙門天ほど凄い力を持った神はありません、そして私達の救済のためにはありとあらゆる福徳を備え、私達を導いて下さるのですから、是非とも毘沙門天の大きな力を受けてみてください。

やすらか庵の祈願

毘沙門天

やすらか庵では病気でお困りの方に御祈願、御祈祷させて頂きます、毘沙門天様の大きな力が得られます。毘沙門天の前で願い事の内容を大きな声に出して祈っております。お布施を得るために拝んでいる訳ではございませんので、どなた様でもお気軽にご利用くださいませ。

ご祈願料はお気持ちのお供えで結構でございます。