海の散骨 森の散骨

後継者がいない者にとって、お墓を造っても確実に無縁墓になってしまいます。

また、現在あるお墓をどうするかという問題は解決できない心の重荷となります。

散骨は本来遺骨を捨てるものではありません、

お借りした体を自然にお還しする選択肢なのです。

私は15年の長きに亘って散骨の普及に尽力して参りました。

当初は散骨と言えば一部の有名人が豪華クルーザーに乗って散骨するような

イメージが先行し、一般の方がするようなものではありませんでしたが、

テレビや映画、ニュースなどで散骨が取り上げられる度に

爆破的に普及していきました。

我が国では散骨に関するルールやマナーなどが一切なく、

国としても皆の宗教的感情などを考慮して見守っているという状況なのですが、

少子高齢化、核家族化、人口の減少が加速的に進んでいる現代では

産業の衰退が著しく進み、今後生き残っていける産業として

老人介護、葬祭サービスが注目された結果として、

他業種からの葬祭サービスへの参入が増え、

資格不要で許認可制ではない葬祭サービスは、全くの素人の参入も含めて、

大変に質の低下が著しいものになってしまっているのが現状なのです。

散骨が普及したことは大変に喜ばしいことなのですが、

普及と同時に質の低下が大変に心苦しい状況です。

2016年にNPO法人を立ち上げたのも、散骨に対するルールやマナーの普及が

その大きな目的でしたが、NPO法人として声を張り上げていても、

聞いてくれる人は少なく、むしろ世の中の流れが亡き人を粗末に扱うような

悪い流れに進んでいってしまっているので、

これはもう宗教者として訴えるしか他に方法がないのではないかと思っている次第です。

亡き人のことを粗末にしてはいけないということを説けるのは、

宗教しかありませんが、その宗教にしても、

真の意味で亡き人と生きている人の両方の幸せを思い、

法を説く活動がなされていないのが現状なのです。

生前中に故人様が散骨を希望していたのであれば、

それを実践して差し上げることが最大の供養であり、

実践しなければ無念の思いが残ってしまいます。

礼拝の対象として喉仏などの少量の遺骨を残すことをおすすめいたします、

但しご自分が亡くなった時には棺おけの中に入れてもらってください。

供養という意味では、少量で充分です、

最後の最後まで守り続けることこそ供養というものです。

私が作成したサイトもご参考にどうぞ散骨と粉骨の仕方エンター

メモリアル品

全て私達の手作り品で3点まで無料で差し上げています。

手を合わせる気持ちさえあれば立派な供養なのです。

海、森の委託散骨は49,800円

海の立会い散骨は99,800万円

森の立会い散骨は99,800万円